Skip to main content
Actus

IndicativeはErlab製品を導入した

By 29 4月 20245月 7th, 2024No Comments

IndicativeErlab製品を導入した

背景  Project Background

米国メイン州スタンフォードにあるIndicative Testing Ltd.は、大麻安全性試験所である。

品質検査、成分の分析、機械メーカーなど、100年以上の実績があり、様々な分野で活躍しています。

米国では医療用大麻や娯楽用大麻の需要が急増しており、メイン州での大麻の安全性試験の必要性も高まっています。

大麻の安全性検査は、製品の品質を保証し、大麻の安全性に対する消費者の要求に応えるものであるため、重要であるというのが業界のコンセンサスである。

現在、メイン州では大麻の安全性検査施設が不足しており、現在安全性検査サービスを提供している検査所はほんの一握りです。 Indicative社の研究所が設立され、大麻の安全性検査という「ブルーオーシャン」に参入したところ、お客様から注目さ

れ、Indicative社の経験豊富な専門家チームと世界レベルの最新検査機器が、お客様のニーズに応えることができました。

ソリューション  Project Solutions

Indicativeの業績は、先進的なアイデアでラボの発展に計り知れない貢献をしてきたラボの専門家チームと結びついています。専門家たちは、ラボが同業他社に差をつけるためには、スタッフの健康に気を配り、より良い職場環境を提供する必要があると認識しています。

研究室スタッフの健康を守るためには、研究室の空気の質を改善する必要があり、Indicativeは最高品質のフィルターを見つけるために、幅広いろ過オプションを検討しました。 さらに、将来の拡張に伴う研究室の配置換えの負担を軽減するために、フィルターの移動が容易であることも求めました。 後日、実験室の換気システムを変更する場合でも、新しいフィルターは換気コストを増加させることなく、ダウンタイムに関与することもないでしょう。

Indicativeは、実際に効果を発揮するろ過ソリューションを求めており、人員の安全やサンプルの完全性を守るために実験室の安全性を向上させる最適なソリューションと引き換えに、時間をかける価値があると感じていました。

Erlabは、実験室の安全性についてIndicativeに相談し、HALO空気清浄機CaptairヒュームフードPCRウルトラクリーンベンチを推薦しました。

献身的でプロフェッショナルなチームにより、Indicativeは分析試験業界における地域のリーダーになることを目指します。 エラブのろ過装置は、24時間体制で化学物質の危険や粒子状物質による汚染からIndicative社の研究室を守り続けるでしょう。

Indicativeは、Erlabのろ過装置とサービスに対して口をきわめて絶賛しました。Erlabの製品とサービスは、Indicativeの期待をはるかに超えるものでした。なぜなら、Erlabは時間通りに納品し、十分な安全教育を行い、優れたサービスを提供してくるからです。

また、Erlabは有害ガスの捕獲と制御に関しても豊富な実体験を持っており、これは非常に重要です。Indicativeの作業員の安全を確保されています。

© Erlab