当社について

50年以上にわたり、Erlabは世界をリードする空気濾過技術の
サプライヤーとなりました。

Erlabは創業以来、実験従事者の安全分野のエキスパートとして、最高レベルの安全性と卓越した作業快適性を保証するため、最先端の技術と信頼性の高い素材を開発してきました。. 安全性、経済性、省エネルギー、持続可能な開発の分野において、技術革新の最前線に立つハイテク企業です。.
沿革

1968年から現在まで、50年以上にわたる研究と革新の歴史。

フランソワ・ピエール・オーヴィルによってErlabが設立される。
Captairフィルター式ヒュームフードの最初の製品シリーズを発売。

1968 年

研究開発研究所を設立し、およそ2千平方メートルの工場を建設。

1972年

製品の世界輸出を開始。日本とアメリカで主要なパートナーシップ協定を締結。

1974年

ボストンに製造・販売部門であるCaptair Inc.を設立し、
米国に拠点を確立。

1981年

デュッセルドルフに子会社Captair GMBHを設立し、ドイツに拠点を確立。

1985年

同社はおよそ4千平方メートルの生産施設を増設。

1988年

超活性炭を使用したフィルター製造用の最良の原材料を採用するために、超活性炭を使用したフィルター製造用の最良の原材料を採用するために、
マレーシアに拠点を設立。

1993年

フランソワ・ピエール・オヴィルが機械標準化連合(UNM61)の会長に就任。この委員会はAFNORの委託を受け、 フィルター式ヒュームフードの性能基準を決定するための規格を作成する。

1994年

フランスの3つの施設をノルマンディー地方のヴァル・ド・ルイユにあるおよそ7千平方メートルの敷地に統合し、生産、販売、研究開発研究所を一体化。

1995年

AFNOR NF X 15-211規格が発行される。この規格は、フィルター式ヒュームフードの性能を厳密な基準に従って評価することを可能にし、この規格を使用するメーカーに対し、安全機関が課す要件よりも高い濾過レベルを達成することを要求している。今日でも、この規格はフィルター式ヒュームフードの分野における基準規格となっている。

1996年

世界での存在感を示すErlabは、初のウェブサイト、www.erlab-dfs.comを開設、ヶ国語に対応。このサイトは、1998年にフランス外国貿易省から賞を受賞。

1997年

Captair製品シリーズを拡充し、新しいCaptair Store(フィルター式収納キャビネット)を開発、Captair Bio(PCRワークステーション)およびCaptair Flow(フィルター式クリーンエアワークステーション)シリーズ。

1998年

高性能超活性炭フィルターの製造・販売を行う子会社Asura Filtersを設立。

1999年

国際事業を拡大し、イタリアとスペインに
新たな駐在員事務所を設立。

2000年

英国に駐在員事務所を設立し、5つの言語に対応し、オンライン見積もりサービスも行うウェブサイトwww.asurafilters.comを開設。
Asuraフィルター

2001年

I米国で炭疽菌が混入した小包が出荷されたことを受け、不審な小包を開封するためのソリューションCaptair Pyramidを発売。
科学捜査班や政府機関で即座に成功を収める。

2002年

Asura Maintenance の名の下、フィルター式換気システムメンテナンス認定パートナーの初のネットワークを設立:
フランス、ドイツ、スペイン、イタリア、イギリス、ベルギー、オランダ、スイス、オーストリア。

2003年

およそ3千平方メートルの生産・販売部門を新設したErlab Chinaにより、海外事業の成長が加速し、アジア大陸での事業展開を確実にする。
また、スペインに子会社Erlab S.L.を設立し、スペインでの存在感を確立する。

2004年

GreenFumeHoodを開発することで、ラボにおける化学物質による危険から安全を守る業界に革命を起こし、ヒューム抽出キャビネットメーカーがErlabのあらゆる技術(濾過、検出、通信)を取り入れるようになった。

2008年

Erlab Inc.がマサチューセッツ州ローリーのおよそ8千平方メートルの新社屋に移転。
この新拠点において、北米でのGreenFumeHoodの開発に従事。
GreenFumeHood テクノロジー
モジュール式濾過カラムを備えたヒュームフードの新シリーズ、Captair Flexを開発、新しいFlexテクノロジーによる数々の保護ソリューションを提供。

2009年

Erlab Chinaが広州に2番目の営業所を開設。

2010年

1968年にErlabを設立し、1970年に最初のラボ用フィルター式ヒュームフードを発明したフランソワ・ピエール・オヴィルが死去。
Erlab Chinaが北京に3番目の営業所を開設。
Flexモジュール式濾過カラムと新しい人間工学に基づいたデザインを特徴とする2つの新シリーズ、Captair Storeフィルター式収納キャビネットとCaptair Flowフィルター式クリーンエアエンクロージャー。
CaptairStore
CaptairBio
発売からわずか3年で、現在は10社以上のパートナーが、米国、日本、フランス、スペイン、ベルギー、スイス、英国など、世界中のラボにGreenFumeHood技術を搭載したヒュームフードを提供している。

2011年

PCRエンクロージャーCaptair Bio新シリーズに、Flexテクノロジーと人間工学に基づいた新デザインを採用。中国JG/T385-2012「ダクトレスセルフフィルター式エンクロージャー」規格が発表される。

2012年

Erlab Chinaがおよそ6千平方メートルの新社屋に移転。
この新しいアジアの生産・販売部門でISO 9001認証を取得。

2013年

研究開発チームが、ヴァル・ド・ルイユ(フランス)の新研究所に移転。
化学汚染を処理し、ラボの換気の必要性を低減するスマート濾過モジュールHALOを発売。

2014年

フランクフルトで開催されたAchema展示会において、史上初の連結式フィルター式ヒュームフードを発表。
新しい製品シリーズであるCaptair Smart ヒュームフードと収納キャビネット、Halo空気濾過システム、Halo Sense汚染センサーが、Erlabの新しいSmartテクノロジーを一般に公開する。

2015年

Captairヒュームフード用のSmartテクノロジーを発表:光ベースの通信により、かつてないレベルの安全性を提供。
これにより全ての装置を接続可能にする。

2016年

Erlab研究開発50周年を迎え、空気濾過技術の世界的リーダーとなり、3大陸に拠点を持つに至る。

2018年

すべての製品にSmartテクノロジーを搭載する。

2019年

成功に基づき、中国におよそ1万3千平方メートルの新工場を開設し、ヨーロッパの研究所の面積を2倍に拡大。
Erlab USが、わずか数分で各顧客にとって理想的なラボを設置する能力を備えた壮大な次世代ショールームで、濾過設備を備えたラボのモビリティを紹介する。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを受け、密閉空間用の空気清浄装置に特化した初の消費者向けウェブサイトhalo.erlabを立ち上げる。

2020年

新しいブランドアイデンティティを採用し、新しいコーポレートウェブサイトを開設。

2021年
ビジョンとミッション
Leader mondial de la filtration de l'air
左から右:Antoine Hauville : COO / Stéphane Hauville : CEO

私たちの目指すもの。

大気汚染が健康に与える被害は、産業化の進む多くの国々で危険なまでに過小評価されています。科学、医療、産業研究によって生み出される何百万トンもの化学物質は、発がん性、変異原性、生殖毒性を有している可能性があります。それらの化学物質は目に見えないので、作業環境や大気への放散を防ぐこと、検出精度の向上が公衆衛生上の課題となっています。

ミッション.

ゼロ・リリース濾過、検出、リアルタイム報告に必要なより信頼性の高い技術を通じて、世界中のラボが屋内外での有毒ガス排出をゼロにできるよう、可能な限りの努力をすること。

Erlabのコアミッション:
全ての人に最高レベルの安全を。

急速な発展に対応し、濾過のあらゆる利点を促進するため、Erlabは今後の市場ビジョンとミッション・ステートメントを再定義しました。
コミュニケーション

呼吸できる。

この新しいキャッチフレーズは、空気濾過技術の世界的リーダーとしてのErlabの地位を確約するものです。

これは、すべてのErlab製品の究極の利点として、ラボの内外で完全に純粋な空気を吸えるという保証を表現しています。ラボ内のすべてのユーザー、そしてラボの外部環境に関わるすべての人々にとって、安全性、作業の快適性、健康、安心感が保証されます。新しいロゴとキャッチフレーズは、2021年以降、世界各国のErlab製品、パッケージ、看板、および案内資料に表示されます。

Leader mondial de la filtration de l'air logo
海外

海外展開は
設立以来から。

有毒ガスや病原体の濾過は世界的な課題です。
1968年の設立以来、Erlabはヨーロッパ、アメリカ、アジアで急速に発展して国際的な支持を得てきました。グループとして50年間で、高い成長の可能性と戦略的重要性を持つすべての市場で地位を確立しました。 Erlabの野心的な精神は、世界のあらゆる場所において日々その存在感を示しています。ヴァル・ド・ルイユからボストンの数キロ北、そして上海郊外に至るすべての拠点において、Erlabのチームは、日々イノベーションを起こしています。
米国本社

Erlab, Inc. 388 Newburyport Turnpike Rowley, MA 01969 USA Tel: (800) 964-4434 (978) 948-2216 Fax: (978) 948-3354 captairsales@erlab.com

欧州本社

Erlab D.F.S S.A.S Parc d’Affaires des Portes – BP403 27104 Val de Reuil Cedex FRANCE Tel: +33 (0) 2 32 09 55 80 Fax: +33 (0) 2 32 09 55 90 ventes@erlab.net

アジア本社

Kunshan Erlab D.F.S Co., Ltd No. 118 FENG QIN Rd. KETD Kunshan Jiangsu Province P.R. China 215334 Tel: +86 (0) 512 5781 4085 Fax: +86 (0) 512 5781 4082 sales.china@erlab.com.cn

アジア本社

Kunshan Erlab D.F.S Co., Ltd
No. 118 FENG QIN Rd. KETD Kunshan
Jiangsu Province
P.R. China 215334
Tel: +86 (0) 512 5781 4085
Fax: +86 (0) 512 5781 4082
sales.china@erlab.com.cn

米国本社

Erlab, Inc.
388 Newburyport Turnpike
Rowley, MA 01969
USA
Tel: (800) 964-4434
(978) 948-2216
Fax: (978) 948-3354
captairsales@erlab.com

欧州本社

Erlab D.F.S S.A.S
Parc d’Affaires des Portes – BP403
27104 Val de Reuil Cedex
FRANCE
Tel: +33 (0) 2 32 09 55 80
Fax: +33 (0) 2 32 09 55 90
ventes@erlab.net

お知らせ
Actus

HPLC実験におけるヒュームフードの利用

HPLC実験におけるヒュームフ…
Actus

アルコールの危険性は低いが、無視してはいけない

アルコールは幅広い用途に使用さ…
Actus

強酸による化学物質吸入のリスクを回避する5つの鍵! クリーンエアヒュームフードが解決する問題とは?

強酸による化学物質吸入のリスク…